スズメバチの巣駆除をするまでは危険!安全にごみ捨て場を利用する!

危険なスズメバチがなぜ家のごみ置き場に!? 危険なスズメバチがなぜ家のごみ置き場に!?

ごみ捨て場を安全に利用するには

ごみ捨て場にスズメバチの巣ができてしまったら、スズメバチの巣駆除をするまではごみ捨てのたびに恐怖を味わうことになります。

安全にごみ出しをする方法

蜂に刺されることなく安全にごみ捨てするためにはどうすればいいのでしょうか。スズメバチの巣駆除までの対処法を見ていきましょう。


どんなときに刺されてしまいますか?
スズメバチの巣に近づくと危険を察知して襲ってきます。しかし、ごみ捨て場に巣があった場合、どうしても巣に近づくことになるので危険です。また、活発な時期になるとスズメバチの気性は激しくなるので刺される確率が高くなります。
ごみ出しに適した時間帯はありますか?
蜂は昼に行動して夜や早朝は眠りにつき活動を停止します。ごみを安全に捨てるならこの時間帯がいいでしょう。ごみ捨てのルールで朝にごみを出すように指定されている地域がほとんどだと思うのでそのような場合は早朝にごみを捨てましょう。
遭遇した場合どうすればいいですか?
スズメバチに遭遇したときに慌てて大きなリアクションを取ってしまうと、スズメバチの警戒心が高まり襲われてしまいます。大きな音にも敏感なので大きな声を出すことも止めましょう。手で払うような動作も蜂にとっては攻撃と感じるので手は出さないでください。逃げる場合は、慌てずに姿勢を低くしてゆっくり静かにその場を離れるようにしましょう。

万が一刺された場合の対処法

万が一刺されてしまった場合は救急車を呼び、すぐにスズメバチがいる場所を離れましょう。また、刺された幹部を流水で洗い流し、蜂毒を絞り出してください。時間が経つと患部は痛みやかゆみ、しびれなどが出るので保冷剤などで冷やすといいでしょう。刺されて10分~15分ほどでめまいや寒気が出ることもあるので、救急車が来るまではおとなしくしてください。もし症状が軽い場合でも病院に行くようにしましょう。

TOPボタン